toggle
2016-08-21

プロフィール Profile

 

 

彫刻家 深谷直之 本名 城戸直之

Sculptor  Naoyuki Kido Fukaya

 

1971年、国内でも有数の御影石の産地である茨城県桜川市に生まれる。神奈川県平塚市で育つ。1996年に東京藝術大学美術学部彫刻科卒業。1998年に東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。1999年に出生地の桜川市に居住し、本格的に石彫家としてのキャリアをスタートさせる。2002年から2004年までの間フランスに渡り、パリにある美術学校アトリエボザール シテ グラシエールを中心に研修を積む。2008年から2013年までの間、母校である東京藝術大学美術学部彫刻科で非常勤講師を務める。2014年からは茨城県取手市に移り住み、精力的に制作活動を継続させている。

現在美術団体一陽会に所属し、国立新美術館(東京都港区六本木)で毎年開催される一陽展に出品を続けており、損保ジャパン美術財団奨励賞、評論家賞、野外彫刻賞をはじめ、多くの賞を受賞している。これまでに日本橋髙島屋(東京都中央区日本橋)、ギャラリーせいほう(東京都中央区銀座)、日本橋三越本店(東京都中央区日本橋)と、定期的に個展の開催を行ない、トルコでの現地制作、メキシコや韓国への出品など、国内外で制作活動を展開している。茨城県立国民宿舎鵜の岬(茨城県日立市)、二十三夜尊桂岸寺(茨城県水戸市)、(一財)空港保安事業センター(東京都港区)、パークタワー新川崎(神奈川県川崎市)などの公共空間へのモニュメント作品の制作設置も多数手がている。

全ての石彫作品は機械工具を使用せず、手作業の道具と加工方法で形成および研磨が施されている。

妻はチェロ奏者の城戸春子[きど はるこ]。二児の父でもある。

 

 

 

 

チェロ奏者 城戸春子

Cellist  Haruko Kido

 

1992年に東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を卒業。1996年に東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。1998年に東京藝術大学大学院音楽研究科器楽専攻を修了。

1998年から2002年の間、東京藝術大学音楽学部器楽科室内楽の非常勤講師を勤める。

2002年から2004年の間フランス、パリに居住し、セルジーポントワーズ音楽院およびオーべルヴィリエ音楽院の両校を卒業、同時にディプロムを取得。

1990年に札幌ジュニアチェロコンクールで特別奨励賞を受賞。1992年にも同コンクールで奨励賞を受賞。1997年に第7回全日本ソリストコンテスト部門で優秀賞を受賞(サンライズカルテット)。同年1997年に国際芸術連盟新人推薦オーディションに合格(サンライズカルテット)。1998年に第2回東京室内楽コンクールに入賞(サンライズカルテット)。同年1998年に第24回茨城県新人演奏会で新人賞を受賞

2004年にユーロセントル(パリ フランス)、2005年に音楽の友ホール(東京都新宿区)、2016年「城戸春子チェロリサイタル」南麻布セントレホール(東京都港区)、同じく2016年「Emotion~心に響くチェロ~」水戸芸術館コンサートホールATM(茨城県水戸市)、2017年「無伴奏チェロ ~バッハと踊る~ Allemande」水戸奏楽堂(茨城県水戸市)など、ソロリサイタルを定期的に開催。

2000年「アンサンブルの愉しみ」水戸芸術館(茨城県水戸市)、2003年「パブロカルテットコンサート」横浜みなとみらいホール(神奈川県横浜市)、2004年「名古屋国際室内楽フェスティバル2004」電気文化会館(愛知県名古屋市)、2007年「ミュージアムの午後~弦楽の響き~」茨城県立近代美術館(茨城県水戸市)、2011年「和洋弦楽の調べ」ふれあい交流館(茨城県ひたちなか市)、2012年「19世紀パリに描かれた音の絵画」葛飾シンフォニーヒルズ(東京都葛飾区)、2013年「水戸奏楽堂こけら落とし」水戸奏楽堂(茨城県水戸市)、2014年「オープンガーデンチャリティーコンサート」Dr. Honma’s Guest House(千葉県千葉市)、2015年「夏のコンサート~情熱のラテン音楽~」アトリエ浅田(茨城県ひたちなか市)、2015年「ワンコインコンサート」レストランモンマルシェ(茨城県水戸市)、2016年「マタニティコンサート」加瀬病院(茨城県ひたちなか市)、2017年「ミュージックカフェ」茨城県民文化センター(茨城県水戸市)をはじめ数多くの室内楽のコンサートに出演。

2003年に「ドヴォルザーク チェロコンチェルト」をひたちなか市民オーケストラと共演(ひたちなか市文化会館大ホール/茨城県ひたちなか市)。2006年に「ハイドン チェロコンチェルト第1番」をイ・ソリスティ・イバラキと共演(水戸市民会館/茨城県水戸市)。2007年に「サンサーンス チェロコンチェルト」を茨城交響楽団と共演(県民文化センター大ホール/茨城県水戸市)。

これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、千葉交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、アンサンブルofトウキョウ、東京バロック・スコラーズ、イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団などの多数のオーケスロラの演奏会にエキストラとして出演。日本フィルハーモニー交響楽団のオランダ、ベルギー公演にも参加。

2004年に上映のフランス映画「Dissonances」などのスタジオ録音演奏にも多数参加。2007年から2011年の間に劇団四季で上演の「ライオンキング」、2015年に日生劇場で上演の「デスノート」などのミュージカル演奏にも数多く出演。

鈴木和生、故 月足脩二、故 堀江泰氏、黒川正三、三木敬之、河野文昭、M. シュトロス、F. ポリー、F. ロリドンの各師に師事。

現在は水戸第三高等学校音楽科、取手松陽高等学校音楽科、聖徳大学附属女子高等学校音楽科の非常勤講師を務めている。

 

 

 

Sculptor  Naoyuki Kido Fukaya

 

In 1971 he was born in Sakuragawa City, Ibaraki prefecture, famous for the production area of granite. Grew up in Hiratsuka City, Kanagawa prefecture.

Graduated from Tokyo University of the Arts Faculty of Fine Arts (Department of Sculpture) in 1996. Completed the Graduate School of Fine Arts (Sculpture Major), Tokyo University of the Arts in 1998. In 1999 he lived in Sakuragawa City of the birthplace and began sculpture work in earnest.

From 2003 to 2004 he studied at Ateliers Beaux-Arts Site Glacière in Paris, France. He served as a part-time lecturer at the Tokyo University of the Arts (Department of Sculpture) between 2008 and 2013. Since living in Toride City, Ibaraki prefecture since 2014, he continues his creative activities.

He currently belongs to art association Ichiyokai. The association holds an exhibition every year in The National Art Center Tokyo and he continues to exhibit works. He won many awards such as Critic Award, Open Air Sculpture Award and so on at the exhibition so far.

So far he held a solo exhibition regularly with Takashimaya Nihombashi Store, Gallery Seiho Ginza, Nihonbashi Mitsukoshi Main Store. He is developing works abroad, including local production in Turkey, exhibition in Mexico and South Korea. So far he has set up many works in public places, such as Nijusanyason Keiganji temple, Ibaraki, Airport Security Business Center, Tokyo, Park Tower Shin-Kawasaki, Kanagawa.

All sculpture works were formed and polished by hand tools and manual processing method without using mechanical tools.

His wife is a cello player Haruko Kido. He is also the father of two children.

 

 

 

Cellist Haruko Kido

 

She was born in Mito City, Ibaraki prefecture. She started cello from age 9.

She graduated from the Music High School Attached to the Faculty of Music, Tokyo University of the Arts in 1992, graduated from the Tokyo University of the Arts Faculty of Music (Department of instrumental music) in 1996, and completed Graduate School of Music (Instrumental major), Tokyo University of the Arts in 1998.

Between 1998 and 2002 she served as a Part-time Lecturer on Chamber Music at the Tokyo university of the Arts Faculty of Music (Department of instrumental music).

Between 2002 and 2004 she lived in Paris, France, and graduated from both the Conservatoire Aubervilliers la courneuve and Conservatoire National de Région de Cergy-Pontoise and got a diploma.

She received the Special Encouragement Prize at the Sapporo Junior Cello Competition in1990, received the Excellence Award in the 7th All Japan Soloist Contest Division (As a member of Sunrise Quartet) in 1997, passed the Newcomers Recommendation Audition of the International Art Federation (As a member of Sunrise Quartet) in 1997, won the 2nd Tokyo Chamber Music Competition in 1998, and received the Newcomer Award at the 24th Ibaraki Prefecture Newcomer Concert in 1998, There are awards such as.

She held a solo recital at Eurocentre, Paris in 2004, and the Ongaku no Tomo Hall, Tokyo in 2005. In 2016 she held “Haruko Kido Cello Recital” at Minami–Azabu Centre Hall, Tokyo, and two solo recitals in the same year as “HaruKo Kido Cello Recital – Emotion –” at Concert Hall ATM, Ibaraki. In 2017 she held a solo recital “Dance With Bach –Allemande!–” at Mito Collegium Musicum, Ibaraki.

She appeared in many concerts in chamber music such as “Pleasures of Ensemble” at the Concert Hall ATM, Ibaraki in 2000, “Pablo Quartet Concert” at Yokohama Minato Mirai Hall, Kanagawa in 2003, “Nagoya International Chamber Music Festival 2004” at Electric Culture Center, Aichi in 2004, “Afternoon Museum Sound of String –” at The Museum of Modern Art Ibaraki, Ibaraki in 2007, “The String Sound between East and West” at Contact Information Center, Ibaraki in 2011, “Sounds of the Impression, 19th century Paris” at Katushika Symphony Hills, Tokyo in 2012, “The 1st Concert” at Mito Collegium Musicum, Ibaraki in 2013, “Open Garden Charity Concert” at Dr. Honma’s Guest House, Chiba in 2014, “Summer Concert – Latin Music of Passion –” Atelier Asada, Ibaraki in 2015, “Maternity Concert” Kase Hospital, Ibaraki in 2016, “Music Cafe” at Ibaraki Prefectural Culture Center, Ibaraki in 2017.

In 2003 she prayed “Dvorak Cello Concerto” at Hitachinaka City Cultural Center, Ibaraki with Hitachinaka Citizen Orchestra.

In 2006 she played “Haydn Cello Concerto No. 1” at Mito City Municipal Hall, Ibaraki with I Solisti Ibaraki Chamber Orchestra.

In 2007 she played “Saint Saens Cello Concerto” at the Prefectural Cultural Center, Ibaraki with the Ibaraki Symphony Orchestra.

She has been involved in numerous orchestras concerts such as Tokyo Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Orchestra, New Japan Philharmonic Orchestra, Kanagawa Philharmonic Orchestra, Chiba Symphony Orchestra, Geidai Philharmonia Orchestra Tokyo, Ensemble of Tokyo, Tokyo Baroque Scholars, I Solisti Ibaraki Interior Orchestra. She also participated in the performance  Belgian and Netherlands as a member of the Japan Philharmonic Orchestra.

In 2004 she participated in  music recording the film “Dissonances” screened in France.

She many also appeared in performance such as “Lion King” in Shiki Theatre Company between 2007 and 2011, “Death Note” in Nissey Theater in 2015 as musical cello player.

She studied with Kazuo Suzuki, Syuji Tsukitari, Shozo Kurokawa, Keishi Miki, Fumiaki Kono, Michel Strauss, François Poly, Florian Lauridon.

Now she is working at Mito 3rd High School, Toride Shoyo High School, Department of Music High School of University of Seitoku as a part-time lecturer.

 

 

関連記事